本文へ移動
現在、新築の建築物は1981年の新耐震設計基準によって設計されています。
 
1995年に発生した阪神・淡路大震災により、旧基準で設計された建物の耐震性能が劣っていることがわかり、また近年も震度5以上の大地震が頻繁におこっているため、耐震改修の必要性がなお一層高まっています。
 
私どもでは、地震に対する安全の提供、そしてお客様の要求に合わせた補強計画を立案し、利用者への配慮をしながら工事を進めさせていただきます。
 
また耐震補強工事に伴い、内外装工事が発生する場合についても、積極的に改修計画のご相談に対応させていただきます。

■耐震診断から耐震補強工事への流れ

顧客打合せ
予備調査チェックシートに則りヒアリングを行います。
建物調査
(一次診断)
建物の調査・診断・設計図書の確認を行います。
建物一次診断
報告書提出
診断結果・所見・概算費用見積を提出いたします。
建物調査
(二次診断)
建物のコンクリートコア抜き作業や鉄筋探査を行い、コンクリート中性化と鉄筋位置の確認をします。採取により、建物の耐震性能をIS値にて算定し、判定いたします。
建物二次診断
報告書提出
耐震性能の報告。補強・建替えの提案をします。
耐震補強工事
見積
建物に沿った最適工法、最新技術、適正見積を提供いたします。
工 事 契 約
施 工
安全・安心・心のこもった施工を行い、高品質・最短工期をお約束いたします。

■耐震補強の施工部位と工法

主な耐震工法の比較表
長 所
短 所
耐震壁増設補強
比較的安価。一般的な工法
明かりが取れない。
施工時、埃・騒音・振動が発生する。
耐震スリット
特に安価。
骨組みである柱と梁を守り、最も一般的な工法
施工時、埃・騒音・振動が発生する。
枠付鉄骨ブレース補強
明かりが取れるので窓廻りの補強に適している。
鉄骨の材料の納期に時間がかかる。
外付け鋼板コンクリート補強
外付け工法となり内部での施工が無い為、居ながら作業に適している。
鋼板材料の納期に、多少時間がかかる。
鋼板巻補強
柱を鋼板にて包み込むため、強度が出易く、比較的安価である。
補強前より柱が太くなる。
繊維シート巻補強
柱にシートを巻きつける補強方法のため、補強前と補強後で柱の太さが変らず、元々のデザインを損なわない。
施工中の接着剤の強い臭気が発生する。
包帯巻補強
( SRF工法 )
高延性材の帯を巻きつける補強方法のため、補強前と補強後で柱の太さが変らず、元々のデザインを損なわない。
狭いスペースでも施工に適し、無臭で作業できる。
仕上材の保護が必要となる。

■耐震補強の施工例

柱補強

・鋼板巻補強

鋼板取付
鋼板ジョイント溶接
鋼板取付完了
 

・包帯巻補強

梁繊維シート巻補強

繊維シート用穴開け   
繊維シート巻付け   
繊維シート巻完了
 

耐震壁増設補強

・コンクリート壁増し打ち補強

アンカー・配筋完了   
型枠完了   
コンクリート完了
 

枠付鉄骨ブレース補強

before
after
before
after

外付け鋼板コンクリート補強

before
after
before
after
0
0
5
5
4
4
TOPへ戻る